RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
No.12  満室となりました。 入院九日目
 
No. 12
急性胆管炎、発症から手術、入退院までのちょっと可笑しな体験記
 
2014.7,23  AM6:30
 
朝食の代わりに、また新しいテンちゃんが付いた。
 午前中に手術を行う。内視鏡により先の手術で胆管に
残してきたチューブを回収する。(胆汁、石の通りを
良くする為のものであった。)
 
今度のテンちゃんは動きが良い。が少々大きめで車輪が
足に当たりやすい。長い散歩は無理のようだ。
なかなか自分に合った点滴スタンドには巡り会えないな。
まっ、正直長く一緒にはいたくないが
 
例によってカクカクと動く手術台に寝かされて30分程
で終了した。スタッフの手際の良さは毎度感心させられる。
結石は無く良好であった、一安心である。
 
朝方、二人の患者さんが入室してので四人部屋は満室と
なり、急に賑やかになった。
 
オーイおじさんが叫んでいるが、昨日入室した方は
補聴器を外しているので聞こえないらしい。
もう一方は、突然大きな声で、帰りたいなぁとか、ご飯が
まずいなぁとか、放免にしゃべっているので気にする様子
も無い。
唯一、検査入院で一泊するという方は大分気になるようで
「オーイ。」と叫ぶ度に顔をあげていた。
 
「今日は、散歩はだめですよ。」とCTE48にクギをさされ
今日は、久しぶりに一日ベットに横たわっていた。
 
                つづく
 
author:蘇庵, category:胆管結石、胆管炎, 18:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:52
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://milksoan.jugem.jp/trackback/568