RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
No. 6 テンとお散歩。 入院三日目
 
No. 6
急性胆管炎、発症から手術、入退院までのちょっと可笑しな体験記
 
2014.7.17  AM 6:00
 
 小便はまだ濁っているが体調は良い。
夜になっても酒が飲みたいとも思わない、どうやらアル中では
なかったらしい。が、食事はともかくとして只の水ではなく、
味のある物が欲しかった。ジュースやコーヒー特に甘い味に
飢えていた。

 
朝昼晩と3回看護師さんが回ってきて、検温、酸素濃度、
血圧測定をする。時間は決まっていない。
今朝は、二人の看護師さんがやって来た、ひとりは若い
新米の看護師さんである。点滴を取り換えているがかなり
緊張している様子だったので、「今日はチョコレート味に
してください。」とオヤジギャグのつもりで言った。
というより実際欲しかったのだが、益々カタくなって
しまった。

「今朝から食事が出ます。おかゆですがゆっくり食べてく

ださいね。」
 
 四日ぶりの食事である。おかゆだけかと思ったら、結構
 ボルュームがあるな。とても食べきれずに半分残した。
 内臓たちが騒ぎまくっている感じだ。
  ( 入院中に出された食事を記録しておいたので、献立の
 ヒントにお役立てください。一番下に並べて置きます。)

 さて、入院も2度目となると気持ち的に余裕がある。
特に今回のように経過観察だけの日々が続けば自分なり
の楽しみ方を見つけ出すものである。
 
点滴スタンドはトイレに行く時も顔を洗いに行く時も
ずっと一緒である。煩わしいが、なくてはならない存在
なので無下にはできない。この先何日生活を共にするのか
分からないので名前を付けることにした。
点滴スタンドの「テン。」なんとも単純明快であるが。
 
よし早速散歩に出かけるか。
「テン、行くぞ。」
カラカラと音を立ててエレベーター、デイルームの方へと
向かった。が、どうも油が切れているのか、ベアリングが
悪いのか真直ぐ進もうとしない。
スーパーなどに良くある
動きの悪いカートのようだ。
こりゃ調教に失敗した犬の散歩
だな。
まぁ、出来の悪い子ほど可愛いと言うしな。

 
それにしても歩きづらい、
      やっぱり換えてもらうかな
 
                       つづく
 


author:蘇庵, category:胆管結石、胆管炎, 18:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:56
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://milksoan.jugem.jp/trackback/562