RSS | ATOM | SEARCH
爬虫類は嫌いだ...
 

 庭にころがっていた土ふるいをふと見るとトカゲか゜のっている。

 が何か変だ。

 
                      

 ( 爬虫類は苦手である。

   どーも嫌いなものほど目が行ってしまう人間の性か、

               爬虫類を目ざとく発見する己が口惜しい)

 

 ヘビだったらダッシュで通り過ぎるところだか゛

 

トカゲには足があるので何とか見ていられる。

 

で、よく見ると網目にはさまって出られないのである。


             

 

ほっておけばこの暑さだ長いことはあるまい。

 

しかし干からびた姿を見るのも嫌なものである。

 

思案の末助けることにしたが、さあどうしよう

 

足があるとはいえ、指でつまんで引っ張り出すには抵抗がある。

 

軍手をハメて触ればいいかと考えたが背筋がゾクっとした。

 

割り箸ではさむか? 


(
びろんと伸びるだけで取れそうもないな。うわっ!  鳥肌がたった。)

 

トングで引っ張るのはどうか? 


(
ちぎれそうだな。うへっ! 想像しちゃったよ、もうダメだー。)

 

 

   結局、奥方を呼んで救出してもらった。

 

                 何で平気なんだ !

author:蘇庵, category:徒然, 18:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:51
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://milksoan.jugem.jp/trackback/523