RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
生蘇 (お店紹介)
 

   生きて蘇って欲しい事は多々あるだろう...。    
      

さて今日はお得意様のご紹介です。

  
 
以前木簡編でも取り上げましたが、「近江国生蘇三合」という
 付け札があります。
 
「生蘇」とはかなり柔らかいタイプの蘇であったろうと考え、
 
蘇庵では開業当初から注文に応じた硬さの蘇を作ってまいり
 まし
たが、中々硬さまでこだわった注文はありませんでした。

 
   
ある日こちらの料理屋 「康月」さんが訪ねていらして
 
柔らかめの蘇を作ってもらえませんかと頼まれてきました。
 
「蘇をそのままお客様に提供するのではなく、食材として
  使いたい。」
 
とのことで私は大喜びでその仕事を引き受けました。


 ジャージー乳の高脂肪でコクのあるもっちりとした軟らかい「蘇」。
 
ホルスタイン乳の塩味、甘味と牛乳の旨味凝縮された硬めの「蘇」。
 
これらの「蘇」を使った創作メニューが色々あるらしいので
 
お近くへ行った際には是非立ち寄っていただきたいと思います。
 
昨年暮れには料理月刊誌「dancyu(だんちゅう) 12月号に
 
紹介されていましたが、私はまだ行ったことがないんです、
 何しろ
滋賀県にありますので。

 
 

で、「康月」さんは「生蘇」の存在を知っていらしたのか
 奇しくも
近江国とは現在の滋賀県の範囲とされています。

 
  
偶然にしてもとても嬉しい因縁を感じます。

author:蘇庵, category:美味いものシリーズ, 10:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:46
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://milksoan.jugem.jp/trackback/505