RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
美味いぞプレーンヨーグルト
 

先週の腹痛以来、胃腸の為にとプレーンヨーグルトを食べるよう
にしたが
乾草系男子のせいか、すっぱいのはどうも苦手である。

砂糖をかけて食べるのもなんだか不健康のような気もして

 

ということで、職権を乱用して自家製プレーンヨーグルトを

作ってみたんです。これがなかなか美味しかったので紹介します。

濃厚なのにさっぱりしてる、ほどよい酸味で酸っぱくない、甘味料は
入れてないけど
ほのかに甘い、食べ終わって冷蔵庫に仕舞うとまた
食べたくなるぐらい後を引く。

 

 原料の生乳はジャージー種を使用、勿論搾り立てです。
乳酸菌スターター
として市販のプレーンヨーグルトD社のビオBE80
を種菌として入れました。

(他のメーカーの物はほとんど甘味料など香料、添加物が入っている物
ばかりでした。
)

 

生乳なので先ずは殺菌をしなくてはならないのですが、つい「蘇」を
作る要領で
時間をかけての殺菌をしてしまい、あっと思った時は3Kg
の生乳を2Kgまで濃縮していました。(実は、この濃縮が濃厚さを増し
市販品にない美味さをかもし出した。
)

 使用する匙やビンは煮沸殺菌をしておきます。

50Cまで温度を下げたところで、ビンに移し(一ビン約300cc)
種菌用ヨーグルトを
(ひとハ゜ック゜80g)20g入れよくかきまぜる。



この時の温度は
45Cぐらいまで

下がっていて乳酸菌の活性にちょうど良い温度となっているはず。

保温器などと洒落た物はないので発砲スチロールの箱に急いで入れ、
昼寝中のジョンを
叩き起こし布団の中へ押し込んで、お休み(発酵)
してもらいました。



約五時間後、布団を剥いでジョンと共に起きてもらい、まだ温かいので
暫く室温で冷まし
冷蔵庫へ入れ出来上がりです。

 


ヨーグルトが美味しいと思ったのはこれが初めてです。

毎日たべても飽きないし、夜は蘇糖をかけてデザート感覚で楽しめる

ヨーグルトドレッシングにしてサラダにかけてもいいかもね。

とにかく胃腸の調子は良好です。

author:蘇庵, category:美味いものシリーズ, 18:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:40
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://milksoan.jugem.jp/trackback/477