RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
名は体を現わすょ・・・
十数年前「犬のように大きくなれよ !」と「 ジョン 」と名付けた...。



私の足は27cmである。



スリッパは30cmである。

薪ストーブは小型冷蔵庫並の大きさである。

もう充分だな...。
author:蘇庵, category:徒然, 19:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
アイスプラント !?
 早朝、生乳の仕入れに山間部のシバちゃん牧場へ向かう。
お茶畑には霜が降りている、シーズン中なら大変なことだが
中々綺麗なものである。




近くで見ると「アイスプラント」のようだな。
author:蘇庵, category:徒然, 16:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
「金目、銀目」

   酪農ヘルパーの女の子から送られてきた猫の写真である。


 とある酪農家さんの牛舎に居候しているらしい。

  
         

 

 お世辞にも愛くるしいとは言えないんですけど、

 これがどうしたと思ったが。

 

おっと、よく見ると眼の色が左右違うではないかこれは珍しい。

 

と早速奥方にそのもう伝えると

「私の友達の家にもいるわよ。」 と一笑された。

 

そんなに身近にいる物なのかとネットで調べてみたら、

  意外といるんだね。

 

日本では古来より「金目銀目」とよばれ縁起の良い猫として珍重

  されてきたらしい。

 

頭でもなでれば宝くじでも当たるかもしれないな。

五億円か、二千万サマーかなんてね ^^

 

でもこの写真の背景をみる限りではあまり繁栄してないようだが

 

どうですみなさんの身近にもいますか?

author:蘇庵, category:徒然, 21:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
本当にあった、怖いお弁当の話...
  

 私は、週に一二度だが某家畜市場で勤務員として働いている。

常時5人編成のチームで切り盛りしているがスモール(仔牛)市場

の時は助っ人に新鋭のM君がやってくる。

彼は30才前半の妻子持ちでやさしく当たり障りのない男だが

 

 お昼、弁当の時間は幾つになっても楽しみなもので他人の弁当の

中身も気になるものである。

 

で、ある日M君の弁当箱の中をふと見ると見慣れない物が入っている。

 

「もしかして、シリアル(コーンフレーク) か。」

 

( それだけなのか、せめて牛乳でも付けてくれと思ったがそういう問題
   じゃないよな。
)

 

シャクシャクと音を立てて食べるM君に

 

「 ダイエットでも始めたのか 」と

この時は皆で笑って済ませられたが

 

 後日、M君の弁当箱の中身はおはぎだった。

つぶあんのぼたもちがぎっしりと。

お彼岸にはまだ早いよな

 

( これでダイエットの線は消えた。まぁ、共働きらしいので

たまには有りか、甘党だったんだなと思ってはみたが)

 

 で本日、若いF君がすかさずM君の弁当箱の確認に走ると

「 え゛っ ! 」と叫んだ。

 

おっ、今回も期待を裏切らないようだぞと、皆でちょっとカワイイ

お弁当箱の中をのぞくと、一斉に絶句し引いた。

 

なんと、白いゴハンの上に丸いせんべいが並べられている。

しょうゆ味の海苔付きである、どうみてもさつま揚げには見えない。

南部せんべいを鍋物に入れるのは知っているが。

これは 「 うっ、美味いのか? 」

原材料は同じようなものだからいいのか。しょうゆ味だし海苔も

付いているのでおかずにはなるのか。

いやそう言う問題ではないよな

 

M君、家で何があったんだー。

 

それでもボリボリと美味いんだか不味いんだか知らないが黙々と
 食べている、残さず食べるのか。

 

もう誰も彼を弁当箱を見ようとはしなかった。

 


 そして
M
君の弁当箱のふたがパチリと閉じられた時

 

恐怖の旋律が響きわたった

 

                      つづく のか

author:蘇庵, category:徒然, 18:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
東に沈む夕日 ?
 

 

夕刻、袋井市からの帰る途中掛川バイパス大池付近は何時ものように

 渋滞中。

                

 

ピカピカのトラックボディに映し出された夕日である。

 

思わずパチリでした。

author:蘇庵, category:徒然, 18:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ハロウィンはドキドキ...

 午後、奥方がせっせとカボチャをくり抜いていた。

 

あっという間に三つの顔を作り上げた。

 

   

毎年のことながら感心するのだが、思い切りの良い包丁さばきである。

 

私がやれば、あーでもないこーでもないと考えきっと日が暮れてしまうだう。

 

 そして今年もだがお菓子を用意していない。

 

最近の子供はお菓子ぐらいじゃ来るわけないと見切っているのか。

 

「 Trick or Treat ! なんて 子供が入ってきたらどうすんだろうと

 

ドキドキしている蘇庵である

 

author:蘇庵, category:徒然, 19:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
まんまかよ・・・
 

今夜は地区の会合があるので早い晩酌となった。

テレビのニュースではパンダの赤ちゃんが死にましたと伝えているが。

夕刊を手にすると、「子パンダすくすく」なんて一面に書いてある。



  なんだか読んじゃいけない記事だな、と思っていると。

 

小沢新党名称発表のライブ放映が始まった。

 

  保育器に入れておけば良かったのになんて無粋な事は言わないが、

  関係者の落胆は計り知れないよな。

 

「国民の生活が第一と考え、えー。」

 

  説明はいいから新党の名称は何?

    ちらっとテレビを見ると。

 

「・・・でありまして、えー 国民の生活が第一でありますのでー。」

 

  幹事長の時何やってたんだよ、言い訳はいいから新党名は何だ!?

 

 むなしいパンダ夕刊を放り投げ、よくよくテレビをみると。

  
テロップには党名「国民の生活が第一」とある。

 

    
          まんまかよ・・・  
^^;

author:蘇庵, category:徒然, 18:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
小さくてお得なモノとは...
 

 我が家では週に一度アボガドを食べる習慣がある。

 

何故か? は、いずれ又として。

 

 国会では消費税率二段階増税法案がまさに成立しようとしていた時、

 

  我が家の台所は 大騒ぎであった。

         「ちっちゃー !? 」

   普通の種はこんなものだが、

 


       なんと種ちっちゃ
!    (ちゃんと熟していた。)


  

 

     こんなことで大喜びしてるんだからな(写真も撮ったし。)
 

庶民にとって、減って喜ぶはアボガドの種と消費税ぐらいか
author:蘇庵, category:徒然, 08:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
お年賀
                       
author:蘇庵, category:徒然, 10:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
カマキリとドライブ...
 

原乳仕入れの早朝、ふと気づくと運転席側の窓に一匹のカマキリが

 

うごめいている。

 

羽を広げジタバタしていた、どうせすぐに飛ばされ落ちるだろう

 

思っていたが

                                 

 

一つ目の赤信号待ちで体制を整えると、ピタリと窓ガラスに張り付いて

 

動かなくなった

 

  二つ目の信号待ちでは、マジに目が合ったので思わず動画で…   


<iframe width="300" height="182" src="http://www.youtube.com/embed/R1he9l8Ookw" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
                         

        「何なんだコイツは、何故落ちないんだ。」

 

ひろひろと、触覚をなびかせ何だかカッコよくも見えるが

 

顔は怒っているようにも

 

ジッと、ズッと見つめられている


<iframe width="300" height="182"
src="http://www.youtube.com/embed/Nayipur6lHM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

   

                約十五分後、柴田牧場前に到着。

 

仕入れを済ませ、さすがにもういないだろうと思ったら

 

「いた !」   


                            



帰りはもうどうでもよかったが

 

結局、家に帰り着くまでカマキリはそのまま死んだように張り付いていた




 








                         
author:蘇庵, category:徒然, 17:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark