RSS | ATOM | SEARCH
お尻の花が萎れた頃のキュウリが美味い ?

 

 お尻の花がしぼみ始めた頃の、指の太さぐらいのみるい(若い)

キュウリが蘇庵のお気に入り。

「ミルキュウ」と名付けたよ、家庭菜園ならではの醍醐味だよね。

胃の無い私には、普通サイズのキュウリはとても重く水っぽかった。

この「ミルキュウ」は、滋味な味とコクがありポリポリと入れ歯の

私でも心地よく噛み切れるのが嬉しい。

味噌マヨネーズがおススメ、今宵も呑みすぎか?…^^/

author:蘇庵, category:, 18:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サツマイモの苗作り(~苗は種イモの従属から離れて独り立ち~)

 

今年は、サツマイモの苗も自前で作った。

畑の片隅に芽が出たサツマイモにかるく土を被せ露地で二か月。

 

ようやく苗らしくなったので切り取り畑に植えようと思ったが、

念のためスマホで調べてみると、意外と奥が深かった

以下太文字は、検索の一部

 

(~採取した苗は水に浸さず一旦そのまま日陰で 23時間放置して

葉をしおれさせます。 その後しおれた苗の茎をハサミで

1冂度切り落としてからバケツなどの容器に入れて深さ:510cm

ほどの水に一晩もしくは一日入れておく。

これにより苗は種イモの従属から離れて独り立ちすることを自覚するそうで~)

 

とりあえず、手順に従いやってみた。

 

先ずは、種イモから苗を切り取る。

軽トラックの荷台で苗を干す。

消毒用のベンレート水和剤にくぐらせる。

しおれた苗を水風呂に投入。

翌朝はふっくらと、再生。

ぴんぴんの苗を植えました。

 

たかがサツマイモの苗と侮っていたが御百姓には未だ届かずだな。

 

すねかじりの馬鹿者も親から切り離せば独り立ちできるのかな?

誰かハサミを入れてくれないかねぇ!? 

大岡越前か、水戸の黄門様でも、阿部さんでも良いんだけどさ。

その後のケアもしっかりとね。 ^^/

author:蘇庵, category:, 18:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
男着物のお勧めと、「蘇庵」の御挨拶でございます。

男着物のお勧めと、「蘇庵」の御挨拶でございます。

父母の一周忌も済んでおりませんので慶賀の御挨拶はご容赦ください。

お得意様には本年も謹んでよろしくお願い致します。

さて、着物にハマり三年目ですが冬場は「寒くない?」と良く聞かれる事がありますが

あまり、形に拘ることは無いと思いますよ。襦袢の代わりにユニクロのヒートテックのVネック長袖シャツと股引でOK。綿入れでなくても袷の着物であれば静岡あたりでは、十分温かいよ。帯締めも一度覚えてしまえばさほどの手間ではありません。

ちなみに、私が着ている着物はすべて古着屋さんでのつるしものです。^^

author:蘇庵, category:-, 16:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
空豆の植えつけ

 移り気な天気と諸事忙しく、空豆の植えつけが遅くなってしまった。

ミニ耕運機の「こまめ」と四半刻(30)程畑を散歩し、畝たてして

移植完了。今回は、「一寸空豆」「初姫(茶豆)」と、「お多福豆」を初めて

作ってみた。

ちなみに「空豆」とは成長初めは空に向かってさやが伸びるから

そう云われるけど、立派に育ってくると垂れ下がるんだよな。

まっ、美味しいから気にするな^^;

気の利いた呑み屋の品書きには「天豆」で提供してるよ。

かのピタゴラスは、ソラマメの中空の茎が冥界と地上を結んでおり、

豆には死者の魂が入っているかも知れないと考えたらしい。

美食とは縁が無かったのだろうかね?

 

とりあえず、こんな調子で日々過ごしている蘇庵です。^^/

author:蘇庵, category:-, 18:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
燃える男

 

本日西風が強くクシャミが出たので、「薪ストーブ」火入れ式とした。

冬の楽しみが始まりました。 

 

マスクをした妖しい顔が浮かび上がっているのは

「燃える男、蘇庵」です。 ^^/

author:蘇庵, category:薪ストーブ, 18:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark